社長です。

社長のブログ「エクリプスクロス ディーゼル 使用 レポート」が、4~9月の弊社ブログ閲覧数の第三位になりました。

と言うわけで、気をよくして第二弾です。

購入したエクリプスクロス ディーゼルは自家用で、私は休日にしか乗りません。普段は社長車の18年式のエクリプスクロス1.5Lターボに乗っています。

そこで自家用19年式ディーゼルと社長車18年式1.5Lターボを比較してみました。

どちらも動力性能は十分です。普段はECOモードにしており峠道の様な微妙なアクセルレスポンスが求められる時だけノーマルを使います。高速道路でも軽くアクセルを踏み込むだけですっと加速してくれます。ただ、なぜか自家用のディーゼルはエンジンを切る度にECOモードがキャンセルされてしまうとこが難点です。

燃費は、遠乗りでは以前も書いた様に圧倒的にディーゼルの方が良いです。1.5Lターボはどんなに頑張っても16Km/Lがやっとですが、ディーゼルは19Km/Lを越える事も度々です。燃料単価の違いもあり懐が大変助かっています。

ただ、町中は事情が変わります。ディーゼルは8速ATを採用していますが、発進時になぜかエンジンを引っ張る傾向があり、2000~2500回転くらいでやっとシフトアップします。なので燃費メーターを見ていると、街中は1.5Lターボのほうが燃費が良く、ディーゼル独特の音もありちょっとうるさくいです。パドルシフトを使い強制的にシフトアップすれば燃費も音も改善できますが、せっかく低速トルクが強いディーゼルエンジンを積んでいるのだから、三菱自動車にはもう少しシフト制御を考えてもらいたいです。

普段からバイパスや高速道を使い距離を走る人にはディーゼルを、主に街中であまり距離を走らない人には1.5Lターボがお勧めです。

19年式のエクリプスクロスから前席シートヒーターが標準になっていますが、なぜか18年式ではお高いメーカーオプションでした。なので社長車には付いておりません。この冬も寒さに耐えながら社長車に乗ります。

訂正 エクリプスクロス ディーゼルは7速ATではなく8速ATでした。私の勘違いでした。訂正し謹んでお詫び申し上げます。